大ばばと小ばばのダブル介護日記

70年代に15から25を過ごしたリタイアおじさんの要介護の母と妻ダブル介護生活

経過

いまのところ順調です(前記事参照)。しかも驚いたことに、私の知らない間に用を済ませていたんです。小さいほうはすでにそうなっていますけど、大きい方でパニックにならないどころか勝手にトイレに行って普通に済ませて普通にベッドに戻っていたんです。

できますね、うまくいきますね、と、「今のところ」ほくそえんでいる私であります。さて、このあとどうなるでしょうか。トイレ問題が解決すれば結構留守にできそうだなと、自分勝手な私になれそうです(苦笑)。今日は短いけどここまで。

コントロール

梅、桜、桃、杏と花が終わり、いまはハナミズキツツジですね。新緑鮮やかに春真っ盛り。

去年の今頃は遠隔授業が始まろうとしていて試行錯誤していました。妻も仕事を辞めてのんびり過ごしてました。激変の一年でした。

これからは相変わらずの日々でしょうか。

 

で、尾籠な話。

小ばばは入院していた時から毎食後に酸化マグネシウムを飲まされていました。何ヶ月も。病院ではさらに強力なアローゼンと言う下剤も毎晩二包飲まされてました。そりゃもう下痢地獄です。もちろん、それで定期的に出てはいましたがトイレできちんとした事はなく毎回オムツに漏らして本人はパニックになってました。

そもそもなんで下剤飲まないといけないのか、その説明は受けてなかったですね。もちろん出ないからなんでしょうけど。

退院後アローゼンの必要性に疑問を持ってやめさせました。それでも二日に一度はできてます。これってなんだろね。毎日の排便が無いとそんなに問題なのかな。

で、さらに酸化マグネシウムの注意事項見ると長期服用は腎臓に悪影響ありとか書いてある。小ばばは慢性腎臓病に近いのになんだ、これ?と思いました。

注意深く見てると本人は便意を感じてます。ですがトイレに間に合わずオムツに出てるようなんです。それでパニックになる。

素人考えですが、下剤飲まないとほんとにダメなのか?と思い、酸化マグネシウムも日に一度に減らしてみました。

そしたら、トイレでオムツ汚さずにできてたんです。

ちゃんと便意は感じているので、下痢にならなきゃ間に合うんです。だったら自然でいいじゃないか、と。よくわからんけど病院の看護都合で下痢させられてたんじゃないのかなあ。

これでトイレコントロール成功かな?オムツも外せないかな。だって大小ともにちゃんとできるんだったらいらないよね。

もう少し経過観察します。希望を持って。

サービス馴れかな

前職場関連業務とか元の職場関連とか自分の演奏会とかで小ばばをショートステイに3泊4日でお願いしました。彼女は一切の拒否もなくいつも従順に私の言うことに従ってくれるので助かります。

大ばばは転倒以降痛みが引かず結構不自由なのですが外部お泊りとかデイサービスには行ってくれませんので、食事の用意と、食事タイミングでのヘルパーさんの確認をお願いしました。どう言って説得すればよいのでしょうね。

あと、大ばばが再び整形外科にみてもらうために、臨時で小ばばをデイケアにあずけることにしました。送迎サービスがつかないので私が送迎します。

で、今日、大ばばの診察日、早くから食事を用意して、今日は出かけるよ、病院だよ、と口酸っぱく言いつつ準備してました。小ばばはスムーズに用意できましたが、大ばばは意味不明の動きをして、さらに痛みでうまく動けず、どんどん時間がたってしまい、結局約束のデイへの送り届け時間が少し遅くなり、その後の病院も遅延し、となってしまいました。十分予測して早め早めに思っても本人がこれでは進みませんね。私はイライラして胃に悪いです。

それもこれも併せて飲み込んでいくしかありませんが。

デイサービスやショートステイや見守りヘルパーやら訪問リハビリやら訪問看護、訪問医療など公的介護サービスをたくさん使うようになってしまいました。このような状態が日本中で起こってるんでしょう。国もお金がかかりますよね、なんだか申し訳ない気分です。

でも、介護サービス無しにはにっちもさっちもいかないのは明らかなので、申し訳なさの感覚を忘れずに使わせてもらおうと思うところです。

 

出かけたいのですが

今日から三日間、どうしても私が出かけねばならず朝から夕食の時間に間に合わない可能性があります。

さて、2人をどうするか。

ちょっと可哀想だけど小ばばはショートステイで3泊お願いしました。

で、大ばばです。先日の転倒で足に痛みがあり、うまく歩けません。なんとかトイレには行けるのですが、やはり心配で。なので小ばばと同じショートにお世話になろうと思い、ケアマネさん、訪問リハビリさんと三人がかりで説得を試みましたが、拒否。

息子が心配しようが困ろうが知ったことじゃないと言うよりは、とにかく知らないところに行きたくない、の気持ちが強いのでしょうね。

諦めました。子不幸な親ですこと。

ケアマネさんの提案でヘルパーさんに様子を毎日何回かみてもらうことにしました。朝ごはん出したあと、いつものように昼食、夕食を用意。

f:id:koajin:20210409081917j:image

軌道に乗った?

妻の状況は、先日来ちょっと軌道に乗った気がして、デイサービスのない土曜日にも関わらず、私が数時間でかけました。随分ひさしぶりに地元のサークルに参加したんです。大変疲れましたが楽しく振って弾いてきました。

それで帰宅して、午前中に昼食の準備と並行して用意しておいた夕食をすぐに食べさせました。ひとりで大丈夫だったか?と聞くと、大丈夫、トイレにも行けた、との返事。安心してました。ところが夕食後に母が自室に消えると、妻が小声でなんかおかしい、と言い、トイレに連れていくと。。。

本人曰く、今回はオムツを汚すことなくちゃんとできた、でもその後で何やらおかしくなった、とのこと。嘘ではないのはわかりますので、ちゃんとできた後、もう少し追加でお出ましになったんだろうなとわかりました。タイミング的にはおかしくなかったのでもう少し気をつけてやればよかったなと少し反省。妻のベッドをお風呂のある2階に移しておいてよかったです。もちろんそのあとお風呂の排水口の掃除が必要でしたけど。

でも、まあ、それほど大事故になったわけでもなかった(ほんまかいな)ので、これからも少し放置してでかけられるかなと、いいように解釈。

4日の日曜は都心で用事があり、昼前から夕刻までかかるため、帰り時間がいつもの夕食時間をかなりすぎることもあり、ショートステイに一泊お世話になりました。母と違ってそういうところに行くことに全く抵抗しませんので助かります。

今週は、金土日と連続で出かけねばならず、金曜から月曜まで3泊4日でまたショートステイです。

問題は大ばばであります。3日連続で食事の作り置きをせねばなりません。でかける前に、お昼ごはんと夕ごはんをちゃんとわかるように別々のお盆に乗せて、皿にポストイット貼って、どれをチンするかを書いて見えるところに置いておきます。前に準備しておいたのに、お昼に食べるものがなかった、と言われたことがあり、細心の注意が必要です。もちろん、昼食夕食の時間には電話して食べなさい、と言わねばなりません。ほんとは、妻と一緒にお泊りしてくれたら安心なんですけど、どうしても言うことを聞きません。頭痛の種です。今日は、テレビでワクチンの予約ができると言ってるので予約して、と言い出しました。うちの市はまだまったく始まっておりませんので、そう説明したのですが、テレビで言ってる、と繰り返します。市のサイトを見せて、ほらまだ準備の段階って言ってるでしょ、と説明しましたが。うまく行かないことを取り上げて、大変です、と言う雑音まがいのニュースはやめてほしいです。TVの作り手はほんとにアホ。

 

No excuse

3月が終わり新しい年度に入りました。

私は、31日に慰労の花束をいただいて完全に職を離れました。正真正銘の年金生活が始まりました。とは言え、退職したということを二人はどのくらい理解しているのやら。なので、自分で退職お疲れさん会をやりましたけどね。寂しい限りです。辞めたこともさりながらその瞬間に対する家族のリアクションが・・・コロナのせいで在宅時間が昨年から長くなっていましたので軟着陸という感じでもありますが。

小ばばも長く務めましたので、これからは二人の年金を合わせて三人で暮らしていくことになります。大ばばは貧乏で一度も年金に加入できませんでしたので資産はおろか収入も全くのゼロです。すでに知り合いのFPさんに諸条件を変えながらシミュレーションしてもらって行末を検討しています。私自身が壊れたときのこともシミュレーション条件のひとつに入っていますが、言うまでもなくシビアな結果となります。親から一銭も来ないのは同世代の仲間を見ていると稀有な例で、なかなかきびしいものがあります。知恵や力のある方々は定年何するものぞと新たな職を得て長く収入を確保されていますが、私のような凡人には難しかったですね。現実を直視しましょう。

ま、それはともかく、これからは「仕事で」という理由付けができなくなり、逃げようがなくなりました。どっぷり介護を含む生活維持に正面から向き合っていかねばならなくなりました。ほんとにどうなっていくのかなあ。

ショートステイ

春ですね。桜はうちの近辺ではちょうど満開でしょうか。昨日の雨にも負けないで咲いております。

もう終わりもう終わりと、オオカミ少年のように自分のリタイアの話をしてきていますが、それでもまだ大学に出るべき日が年度内と年度明けにあります。夕食の時間に帰れない可能性もあります。

加えて、4月第2日曜日に2年ぶりの演奏会を控えていまして、そのゲネプロと本番で日曜朝から夕刻(夜)まで留守にすることになります。

最近小ばばは、トイレは小は失敗することが無く夜中もひとりで済ませているのですが、大きい方は本人がパニックになるので誰かがいないとだめなのです。もちろん三食の用意もしてやらないと、大ばばではまだ可能な「チンして食べてね」は、小ばばには効きません(もちろん大ばばに小ばばの世話は任せられません)。なので食事の時間に私がいないというのはナシなんです。

ということで、デイの無い日に小ばばをみていただけるところとしてお泊りサービスのショートステイにお願いすることになります。日頃のデイケアでは積極的なリハビリをやっていただけるのですが、ショートステイは文字通りステイのようで何もすることが無いというのが本人の弁ですので連泊になると可哀想です。仕事はともかく、自分の趣味のために妻をショートに押し込んでるという後ろめたさは心苦しくあります。本人は嫌がらずに従ってくれるので、余計心がチクチクするのです。

ごめんね。